Kaz_g’s diary

one for all, all for one

次のactionプランは?

さあ、この記事が実質次のactionを決めるスタートです。

 

ステップ1でとにかく文章をいっぱい書く!

 

というタスクが進捗しています。

 

このタスクにより文章力が向上したのかは

 

測定できていません。

 

文章作成時間に関してははっきり認められるのですが

 

文章そのもののクオリティアップは変化している気配なしです。

 

書けば書くほどうまくなる。

 

これは幻想なんでしょうか?

 

それとも1か月間、毎日2000文字は物量としてまだ

 

不足しているということかもしれません。

 

さあ今日のテーマひとつめは

 

耳学習。

 

ご存じでしょうか?

 

この多忙な地球上で

 

さらにレベルアップを強いられ

 

限りある時間を有効活用して

 

今よりもよい状態を目指す。

 

果てしないレースですね・・・

 

読書や座学は平日に行うには結構な負荷です。

 

仕事でクタクタ、家に帰ってまた勉強・・・

 

きびしいですよね。

 

でも、どうやったらそれを遂行できるのか

 

それを考えるのが使命。

 

そんな僕たちに救世主となるかもしれないのが

 

耳勉強なのです。

 

これは言葉のとおり

 

耳から学習するというもの

 

最近だとオーディブルやaudiobook.JPが有名ですね。

 

じつは、この耳学習、昔からあったんです。

 

古くはラジオ、NHKが放送している英語学習。

 

テキストを見ながら、ラジオを聴くスタイルで

 

昭和からすでにあるコンテンツです。

 

ただラジオという媒体で決まった放送時間に受講できる人は

 

限定されます。

 

録音して聞く人もいたと思いますが

 

ちょっと面倒ですね。

 

そういうわずらわしさがオールクリアになったのが

 

最新のオーディブルなどのコンテンツです。

 

スマホやアプリの進化により

 

いつでもどこでも自分のタイミングで、勉強できるようになりました。

 

そして、この忙しい最中に、新たな学習をするには

 

スキマ時間やながら時間、これらを有効に利用することがポイントです。

 

僕らは基本忙しいのですが、ながら作業の可能性を考えると

 

かなりの時間を捻出することができます。

 

例えば 風呂。

 

映画や音楽、とりためたコンテンツを楽しむ人もいるでしょうが

 

この風呂時間もながら時間として有効です。

 

風呂くらいゆっくり入りたいよ・・・

 

そんなボヤキが聞こえそうです。

 

もう少しハードルを下げましょう。

 

次は通勤。

 

車、自転車、電車、いろいろ通勤手段はありますが

 

自転車以外は耳学習OKです。

 

通勤時間往復1時間とすると・・・

 

1週間で約5時間程度、耳学習が可能です。

 

これは有効利用の効果がありそうです。

 

後はあまりお勧めしませんが

 

食事のタイミング。

 

消化がわるくなりそうなイメージと

 

そもそも食事を楽しむという

 

幸せ時間とトレードしてもいいのか?

 

そんな疑問もわいてきます。

 

検討の価値はありますが、余暇も必要ですからね。

 

繰り返しますが僕はオススメしません。

 

後は、運動習慣のある人はそこにながら耳学習を追加できます。

 

ジョギングや散歩など、学習と運動をセットにするのもよさそうです。

 

あとは細かいですが出勤や通学前の身支度の時間、

 

個人差はありますが、こんな時間の累積も、塵も積もれば山となります。

 

そんな感じで今までの行動に追加してながら学習できる。

 

これが耳学習の魅力だと思います。

 

この耳学習の効果や魅力はまだまだあります。

 

書籍も出ていますので興味のある方は是非読んでみてください。

 

さあ次の話題です。

 

とある商品に惹かれています。

 

それはHINGI

 

 

かっこいい!

 

これはコピー用紙を複数枚保持できて

 

ボールペンもセットできる、ファイル素材の

 

思いついたアイデアを、すぐにメモできるアイテムです!(語彙力ゼロ)

 

以前から気になっていたのですが

 

そろそろポチってしまおうと思います。

 

サイズもA4 A5 A6 そしてB5とリリースされていて

 

改良されたHINGE PROも出ています(材質厚みを07㎜→1.2㎜へ)

 

やっぱりアイデアが出てきたときにすぐ書き留めておきたい。

 

でも以外とすぐにメモ環境がない。

 

スマホとかでもいい気もするんですが

 

手書きのフィーリングとスピード感がアイデア創出と相性が

 

良いような気がします。

 

そんなわけで、セレクト予定は

 

ベーシックなA4 HINGEを普段のアイデア用として購入。

小回りの利きそうなA6サイズ(ハガキサイズ)も採用。

そして仕事用にHINGE PROを買ってみようと思います。

いろいろレビュはありますが、

 

自分で使ってみてどうかを確認して

 

また結果を記事にできればと思います。

 

今年は生産性をテーマに多くのアイテムを購入、

 

日々習慣を見直し、いいと思われる行動を継続し

 

その影響や結果を観察してきました。

 

これからもトライ&エラーを繰り返していきたいと思います。

 

この高回転な生活を継続して、ひとつ体感として得られたものに

 

集中力と持続力があります。

 

今までは1日の中でどうしても、午後からのパフォーマンスが

 

明らかに低下していたのですが

 

あらゆるメソッドを複合的に実行することで

 

かなり持続的にハードワークができるようになりました。

 

基本は睡眠。

 

そして食事。

 

あとは瞑想や運動を適時挟み込むことで

 

かなりの改善がみられています。

 

複合的な行動の結果なのでコレというものに

 

限定はむつかしいです。

 

おっと2000文字

 

のこり数日、頑張っていきます。

 

ではまた!